製品ガイド:製品一覧



グライディングマシン

  • マシンTOP
  • 主な仕様
  • 付属仕様及び付属品

TGR-250

TGR-250は、高次元の精度を実現する最新鋭の工具研削盤です。
これまでの工具研削盤には、さまざまな課題が残されていました。なかでも旋回軸であるA軸・C軸の駆動にはギアが使われていたため、バックラッシによる研削精度の低下を回避することが不可能でした。使用年数を重ねるたびに劣化対応の、定期的なバックラッシの調整はもちろん、磨耗が進んだ状態になれば交換が必要になるなど、定期的なメンテナンスが必要でした。
TGR-250は、A軸・C軸の駆動にダイレクトドライブ・モーターを新採用し、驚異のバックラッシ"0"を実現。工具研削盤のポテンシャルを飛躍的に向上させました。

ロータリーエンコーダーを標準装備

回転軸には、ロータリーエンコーダーが標準装備され、0.001度以下という速度で高い割出精度を達成。さらにギアを叩く振動の解消により、正確で滑らかな動きを得ることに成功。
加工面の粗さも向上し、かつてない高度な研削精度を実現しました。
ロータリーエンコーダーを標準装備

砥石スピンドル

18.5KWのビルトインタイプを採用。安定した研削はもちろんのこと、精度の高い仕上げ面を得ることができます。また、カム式の砥石チェンジャー採用で応答性が大きく向上しました。
砥石スピンドル
 

3Dシミュレーションで確認

研削する前に完成イメージを3Dの映像で確認することができます。面倒な操作は必要ありません。1クリックのカンタンな操作で誰でもご利用になれます。
3Dシミュレーションで確認