製品ガイド:製品一覧



グライディングマシン

  • マシンTOP
  • 主な仕様
  • 付属仕様及び付属品

TGR-300

「より早く、より高精度に」を目指して加工機の進化が進む中で、切削工具製作においても、それを上回る高速化、高精度化が求められています。
TGR-300は徹底した機械基本構造の高剛性化を図り、高出力のパワーを持たせたことでよりスピーディで高精度な切削加工が行えるマシン。
作業環境を配慮した低振動設計、新開発ダイレクトドライブモータ採用の砥石自動交換装置による作業性の良さもポイントです。

定評ある同時5軸加工

駆動部は、直線軸であるX・Y軸を分離、砥石上下動のZ軸はY軸上にコラム構造で配置し、同時5軸加工。少ない軸数の分、高い剛性を確保しています。また、高出力18.5kwの主軸はビルトインモータ仕様にして、パワーロスを無くし、低振動・低騒音を配慮。旋回軸(A・C軸)はダイレクトドライブモータを搭載し、バックラッシを解消しました。
定評ある同時5軸加工

砥石自動交換装置

最多6セットの砥石軸アーバーに、2軸を付加。B軸は砥石割り出し。
V軸はX軸と平行し、スムーズ且つ敏速に交換が行われます。
また、その際にクーラントノズルも一緒に交換しますので煩わしい段取り作業が発生しません。
砥石自動交換装置

センター受け装置

熱変位対策として、X軸、Y軸、Z軸の3軸に光学スケールを標準装備しています。

安定したDIA工具精度

追求された機械構造と低振動により安定したDIA工具の精度が得られました。
安定したDIA工具精度

ITPS

FANUC製31iを搭載し、NC画面に加工ワーク図を表示させ、対話型のデータ入力が可能。データ入力の効率がさらに向上しました。(オプション)
ITPS

加工プログラム

定評ある自動プログラミングシステムですから、オペレータは研削プログラムを作成したり計算をする必要がありません。パソコンの接続も可能なため、工具管理やIDチップでの管理にも対応します。(オプション)
加工プログラム

ワーク受け装置・センター受け装置

長尺ワークや小径ワークなどを保持し、外径加工・溝切り加工や先端切り刃を高精度で研削することができます。(オプション)
ワーク受け装置・センター受け装置

ワークセンサー

加工工具の位置や、外径、ねじれ角、切り刃位置、振れ、切り刃の分割などを計測しながら、補正加工することができます。
ワークセンサー

ドレッサー装置

研削砥石の端面や外周を自動でドレッシングやツルーイングが可能です。(オプション)
ドレッサー装置